• ホーム
  • 低用量ピルは副作用も少ないのでとってもお勧め

低用量ピルは副作用も少ないのでとってもお勧め

2019年06月04日
考えている女性

一般的に薬というものは効果もあるものですが、同様に好ましくない種々の副作用も持ち合わせていることがほとんどで、全く副作用の心配のない薬というのは世の中には少ないものです。
しかし最近日本でも若い世代の人達を中心として様々な女性達が使用するようになってきた低用量ピルに関して言えば、一般的に副作用は非常に少ないものであると言われており、誰もが安心して服用をスタートすることが出来る薬であると言えます。

低用量ピルは副作用がとても少ないものであり、出るとしても低用量ピルの服用をスタートして間もない頃だけであるというパターンが圧倒的に多いのです。
つまり低用量ピルを服用し始めた初期の頃だけ我慢をすれば、その後服用を続けるにあたって不快な様々な副作用に悩まされることなく、避妊を中心とした様々な効果を期待することが出来るというわけなのですね。

それでは一体低用量ピルの服用をスタートしたばかりの女性にはどのような副作用が現れてくるというのでしょうか。
まず断トツで多いのが、軽い吐き気を感じるというものです。
あくまでも軽い吐き気である為、実際に妊娠初期の頃のつわりのようにトイレに走って吐いてしまうというような事態にはほとんどの場合はなりません。
それから何となく身体にだるさを感じたり、少し頭が痛いような気がする等々といった副作用も現れてきます。
しかしこれらも通常は少し横になる等して休めばすぐに治る程度の軽い症状でありますし、大騒ぎするほどのものではないということが言えます。
もちろん人によって感じ方というのは様々ですので、副作用が辛いと思うのならば処方してもらった病院に相談して服用を少しの間中止してみる等、臨機応変な対応をしていけば良いのです。

関連記事
過多月経のためのピルの入手方法 2019年08月30日

過多月経とは、経血量が非常に多く日常生活に支障がきたすような場合をさします。一般的には、最も多い日でもナプキンは2時間おき程度に変えますが、ナプキンが1時間ももたないほど経血量が多かったり、経血の中にレバーのような血の塊がある場合には過多月経が疑われます。過多月経になることで、経血量が多くなり貧血に

2019年08月30日
ピルと免疫と生理痛について 2019年08月03日

重い生理痛で悩んでいるという場合、低用量ピルを利用してみると良いでしょう。低用量ピルを利用すると体の免疫が落ちるのではないかと考えている人もいるかもしれません。しかし、低用量ピルを飲んでも免疫が落ちる心配はありませんし、さまざまな人が利用している薬なので安心して服用できるでしょう。心配な場合は低用量

2019年08月03日
低用量ピルの処方は未成年でもできる? 2019年07月18日

低用量ピルとは、医師の処方が必要なホルモン剤の一つです。毎日欠かさず同じ時間に摂取する錠剤であり、ホルモンバランスを整えることから、不妊治療などにも使われることの多い錠剤です。生理痛などが極端に重い、という方が使用することもあり、幅広い目的、また幅広い年齢の方から使用されています。そんな低用量ピルを

2019年07月18日
アフターピルの副作用の原因について 2019年06月23日

アフターピルは、体内のホルモン環境を月経前もしくは妊娠中に近い状態へと変化させることで、避妊をめざします。しかし、副作用もあります。アフターピルを服用したことによる副作用の原因は、女性ホルモンの急激な増加です。女性ホルモンが急激に増加することが原因で、体の拒否反応として副作用が発生します。アフターピ

2019年06月23日
ピルの効能とメカニズムについて 2019年05月20日

女性が服用する避妊薬である低用量ピルには、次のようなメカニズムがあります。ピルには、女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれています。女性ホルモンは脳からの司令で、一定のリズムで分泌されますが、外部から服用することで、脳は十分なホルモンが分泌されていると認識してしまいます。このため排卵が

2019年05月20日